辻秀輝整形外科「こころのかよう地域医療」

 

特徴

昭和56年開業以来、「こころのかよう地域医療」をモットーに、地域に根づいた医療と救急患者様受け入れ、手術など中心に行ってきました。
今後は、これらに加えスポーツ傷害にも力を注いでまいります。
介護では、平成12年4月介護保険が始まって介護保険部門を併設いたしました。
辻秀輝整形外科の医療部門・介護部門の2つの機能が、互いに相乗効果が発揮出来るように配置し、連携を密に地域医療の充実に取り組んでおります。



辻秀輝整形外科の特徴

2)スポーツ傷害


スポーツ傷害の治療目標は、できる限り早く、怪我をする前以上の状態で競技復帰することとしています。スポーツ環境や怪我の状態等、様々な要因を考慮しそれぞれの患者様に即した治療方針を立てていかなければなりません。
怪我の治療だけでなく当医院では怪我をしない体づくりやセルフケア指導など、予防医学にも積極的に取り組んでおります。
プロ選手やアマチュア選手だけではなく、学生・スポーツ愛好家など幅広い層の患者様にあった従来の理学療法以外に屋外競技スペースやトレーニング機器等を利用した運動指導を実践しております。

1)救急医療


救急医療は地域医療の原点であると考え、昭和56年開院以来二次救急医療機関として、 海南市/和歌山市/有田市を中心に24時間365日緊急に医療を必要とする患者様の治療にあたってまいりました。今後も二次救急医療機関として更に質の高い医療の提供により、地域医療に貢献できるように尽力してまいります。



救急・スポーツ傷害写真

3)手術


当診療所は現在骨折/人工関節/関節鏡/脊椎手術などを中心に年間約150件の 手術を施行しております。また運動機能を可能な限り元の状態に回復させるためには、術後の リハビリテーションが重要であり、理学療法士・作業療法士・アスレティックトレーナーなどと連携し早期に患者様に満足いただける状態に回復していただけるように努めております。


手術写真
 
2013 辻秀輝整形外科 all rights reserved.